急な給湯器の故障で困っているなら|業者選びをしっかり行なおう

MENU

原因を突き止めよう

婦人

日々の手入れが大切です

浴槽の残り湯を上手に活用すると水道代の節約になります。この残り湯は給湯器の追い焚き機能を使って再利用します。追い焚き機能は沸かし直し、一定の温度を保つことができます。しかし給湯器の故障が起きるとさまざまなトラブルに見舞われます。湯の温度が設定温度に達していなかったり、減ってきた湯量を増やそうとしても程良い量に湯がたまらなくなります。また、追い焚きの際に給湯器から異音が生じる故障や異臭がする場合もあります。この一つ一つの故障が積み重なると給湯器が動かなくなってしまいます。使用年数が10年を過ぎるとさまざまなパーツが傷んでくるので交換をした方が経済的です。省エネルギータイプのものが出ているので家計にも優しい給湯器に交換をしましょう。まだ使用していて数年の場合には、パーツを交換することで性能が甦ります。修理をするとともにちょっとしたところを改善すると給湯器の故障を防ぐことができます。追い焚き機能を使用しているときには風呂の蓋を活用しましょう。蓋を閉めないまま追い焚きをすると蒸気が浴室に溢れ、湯が効果的に温まりません。給湯器への負担も大きくなります。また、硫黄成分の含む入浴剤を使用した後、浴槽の掃除を怠ると故障の原因になります。追い焚き機能を使うとき、配管の中に入浴剤の成分が残っていると異臭を生じさせる原因になります。配管も傷みやすくなるため掃除を欠かさないようにしましょう。それでも日々の使用状況によって給湯器の故障が出た場合には専門の業者へ相談しましょう。